世の中は適正化しつつある

昨日(火曜日)の若手社員との面談、昼休みにネットで出会ったとある記事を見て、「やっと日本社会も適正化しつつある・・・」と心底思ったので、記事にしてみました。

愛社精神なんか不要

このテーマについては、以前記事にしたことがありました↓。

今回、部下の若手社員(20代)との面談の中でも、この話になりました。。。

その若手、そもそも「愛社精神って何?」と言う感覚だとか。

例えば給料が上がったり、福利厚生が良くなったりしたら、「もうちょっとこの会社で頑張ってみようかな?」という気持ちは湧くものの、「会社へのロイヤリティ≒愛社精神が増す」かと言うと、それは違うらしい。

「いや、全くその通り」と心の中で膝を打ちました。

会社と社員の関係って、フェア/対等であるべきです。両者の間にあるのは、

  • 雇用契約
  • お互いに合意した「労働条件(勤務時間、勤務体系、給与等)」

のみのはずなんです。なので、一方が相手方に対して「愛着があります」「忠誠を誓います」なんてこと、あり得ますか?👀。けど、巷で言われるのは、

「社員に愛社精神を持たせるにはどうしたらいいか?」

的な話。僕に言わせれば、「そもそもそれ、必要なの?」って感じです。

今の年寄りにすると「若者の考えることはわからん」なのでしょうが、僕には会社と社員の関係が「適正・フェアなもの」に近づきつつあるようにしか見えません

働く側も会社を選びます

昼休み、こんな記事に出会いました。

全国各地でコストコ「高時給求人の衝撃広がる」 群馬の経営者は「時給1500円は無理」と嘆息

全国各地でコストコ「高時給求人」の衝撃広がる 群馬の経営者は「時給1500円は無理」と嘆息(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 地方ではいま、古くからの小売経営者に大きな衝撃が広がっている。最低賃金が800円台の地域でも、地域によっては世界的小売チェーンの店舗が時給1000円以上からスタートできることを確約して働く人を募集

記事の中で、群馬県の地元小売業経営者の方の、

「自分たちはそんな時給を提示できないので、人が取れない」

的なコメントがありました。

正直・・・このコメントには「違和感を」覚えましたね〜。

「ん?人が必要なんですよね?」

「じゃあもっといい時給を提示しないんですか?」

「時給で太刀打ちできないなら、労働条件で魅力を出すとかしないんですか?」

僕が思う「普通の感覚の持ち主」なら、そう考えないのかな?と思わずにはいられません。そんなところにも、

  • 雇う側が偉い
  • 自分たちが提示できる条件で、苦労なく人は集まってくる

という、「会社>社員」の意識が根底にあると思わざるを得ません。

いやいや、会社と社員(バイトも含む)は本来「フェアな関係」ですよ。会社(雇う側)も「選んでもらう」対象だということを忘れてはいけません

外圧(コストコ)がきっかけではありますが「世の中(日本社会)は適正化しつつある」と強く感じました

別に、自分に自信があってこんなことを書いてるわけではありません。

会社に「要らない」と言われないように努力してきたつもりだし、今後もちゃんと成果出します。けど、あくまで会社とは「対等」という意識を忘れた瞬間、「社畜」への道を歩んでしまいそうな気がして怖い。

うん、頑張ろ(ほどほどに)。

それでは、また次回お会いしましょう!

このブログの管理人
KoTa

生まれも育ちも関西の40代男性会社員。
妻、子ども2人(女の子)、犬(メスの豆柴)の5人家族。
家族にも仕事にも恵まれ、人並み以上の生活を送って来ましたが、人生も後半に差し掛かり、残りもとことん楽しみ尽くすべく日々過ごす様子をブログに綴っていきます。
趣味はゴルフの練習(レッスン含めて週2〜3回)と家計管理(予算通りに家計管理できることに快感を覚える)。
最後の晩餐は関西とんこつラーメンの雄「無鉄砲」。20年以上通っています。
資産運用にも精を出し、一応いわゆる「アッパーマス層」。

KoTaをフォローする
人生・考え方
KoTaをフォローする
関西在住中年の人生後半満喫記

コメント

タイトルとURLをコピーしました